おからパウダーで
低糖質&グルテンフリー(小麦粉不使用)


icon

BLOG

畦豆の日々

グルテンフリーとは?小麦なし生活で心もカラダも喜ぶ

こんにちは。もうすぐ6/16は父の日ですね。
健康診断で「中性脂肪が高い」と言われたお父さんには是非、グルテンフリー(小麦粉不使用)で健康的に痩せる食生活を改善しましょう!

そんな中「グルテンフリーって最近よく聞くけど、正直にいうと普通のお菓子となにが違うのかよくわからないの」とお客様に相談されたことがありました。

たしかに、"グルテンフリーは健康に良さそう"というイメージは広まっていますが、

  • なぜグルテンフリーが良いのか
  • グルテンのなにが悪いのか

を詳しく説明できる人は、そう多くはいないのかもしれません。
そこでこの記事では、パン職人歴20年のわたしが以下の順番でわかりやすくグルテンフリーについて解説していきたいと思います^^

ThinkstockPhotos-866217786(1).jpg

あなたの体は、あなたが食べたものからできています。
ぜひこの機会に、生活に身近なグルテンについて見つめ直してみてくださいね!

グルテンフリーとは?

グルテンとは、
・小麦
・ライ麦
・大麦
・ファッロ(古代小麦)
等の穀物に含まれているたんばく質のことで、グルテンフリーという言葉はこのグルテンを含まない食材といった意味で世間では親しまれています。
とはいえ、このグルテンフリーという言葉......。なぜ広まったのか気になりませんか?

グルテンフリーが世界的に広まった理由

グルテンフリーが世界的に広まった理由は、
世界ランキング1位を獲得したテニスプレイヤーである、ノバク・ジョコビッチ選手が執筆した本『ジョコビッチの生まれ変わる食事』の中で、グルテンフリーについて紹介されたことが関係しています。

71JwnR9tIcL.jpg

他にもモデルのミランダ・カーや女優のアン・ハサウェイが、"グルテンフリーダイエット"をしていることをSNSで発信した影響で、ハリウッドセレブ発という冠がつき日本でも話題になりました。

しかし、一時的なブームが過ぎた後もグルテンフリーの食材を求めている人がいるのは、実際にグルテンフリー生活をはじめてみて

  • 寝起きに疲れが取れている
  • お肌の調子が良くなった
  • 体の重さやだるさがなくなって、頭がスッキリした
  • 健康的に痩せはじめた

などの効果を実感しているからです。

グルテンの3つのデメリット

グルテンフリーな生活をはじめた方が、心もカラダも前向きになるのはグルテンの過剰摂取を減らせた影響が大きいです。
なぜなら、グルテンには
1.高GI食品
2.小麦の中毒・依存症状
3.遺伝子組み換えの現代小麦

といった3点のデメリットがあり、グルテンの多い現代の食生活を続けていると、身体に負荷がかかってしまうからです。

それぞれどんなポイントが具体的に問題になるかは、この後に一つひとつご説明していきますね!

高GI食品

GIとは食材に含まれる糖質の吸収度を表す値のことですが、一般的にグルテン(小麦粉)が多く使われる炭水化物は高GI食品だと言われています。

【高GI食品の例】

  • パン
  • 麺類(うどん、パスタ、そうめん)
  • ピザ
  • お好み焼き
  • 一般的な洋菓子類
  • フライの衣 など

そして、この高GI食品であるグルテンを含む食材を食べると、食後の血糖値が急上昇した後に急降下することになり、

  • 細胞膜にダメージを与えて老化を促進
  • 大量のインスリン分泌による、疲れ・集中力の低下・眠気
  • 糖尿病のリスク増大

などの弊害を引き起こすのです。

小麦の中毒・依存症状

砂糖やアルコールのように、小麦(グルテン)にも中毒・依存症状があると言われています。
その影響で、より高GI食品の摂取は過剰になりやすく、身体の負担が増えやすいのです。

常習的にうどんやラーメンなどの麺類を好んで食べる方や、クッキーやケーキ類を食べないと落ち着かない方が多いのも納得できますね。

さらにグルテンを含む炭水化物は、腹持ちが悪いです。
お腹が減ると、どんどん次の高GI食品に手を出してしまい依存症を悪化させてしまうので注意が必要になります。

遺伝子組み換えの現代小麦

現代の小麦は、昔の小麦とは違い、遺伝子組み換えをして安定的な収穫量を得られるように品種改良されています。
収穫の面で見るとメリットの大きいこれらの農業改革も、人間の身体にとっては必ずしもプラスになるわけではありません
むしろ、収穫だけを優先して品種改良された影響で、現代小麦を受け入れる準備が整っていない状態の方も多く、安全性という意味ではリスクが増しているのです。

グルテン(小麦)=悪というわけではありませんが、当店ではこの記事でご紹介したグルテンによる弊害をなくすために小麦粉を一切使っていません。

小麦粉アレルギーの方が安心して食べられるのはもちろん、ご高齢の方や小さなお子さまが長期的に食べても心とカラダの健康を損なわないマフィンに仕上げました。

毎日食べても心地よさを感じる当店のおからパウダーマフィンを、皆さまにご賞味いただければ幸いです。